早技|一発でデスクトップを表示するショートカットキー

パソコンで作業するとき、皆さんはいくつの画面(アプリケーション)を開いて作業していますか?


私は

  • インターネット
  • エクセル2画面
  • ワード
  • メモ帳(※)
  • ペイント(※)
  • フォルダ
  • メール(メールソフトだったり、グーグルのタブだったり)


ブログ用の作業説明などの画像を作っているときは、最大でこの7つくらいになると思います。

ただ、ノートパソコンは画面が小さいのでたくさん開きたくないので、(※)印のものは都度開くことが多く、閉じたり開いたりを繰り返しています。


メモ帳などのソフトはスタートボタンから、フォルダはデスクトップのショートカットから、起動することが多いです。


あまり慣れない。という声も多いWindows8はスタートボタンから大きなアイコンでソフトを選択できるので、私は割と気に入っています。




どんな時にも必要とする、『デスクトップの表示』ショートカットを使うととても便利ですよね。



デスクトップを表示するショートカット

〔Windowsボタン〕+〔D〕



〔D〕はdesktop(デスクトップ)の「D」です。

あまり使うことのないWindowsボタンはこんなところで役に立つんですよ。ぜひお試しください★

パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000