LINE|データを共有・転送する方法

LINEでPDFデータが送れます!


▼LINEでデータを送ったときのトーク画面

昨日の記事に書いた「PTAのお知らせ」も事前に代表に送って内容を確認してもらいました。

※最終的には先生が内容を確認して印刷・配布となります。


赤枠で囲ったトークが【データ】です。

タップするとデータが表示され、とてもキレイに内容を確認することができます。ピンチで拡大・縮小も可能です。いつもの会話の流れで送ることができるので、確認も振り返りにも便利です。

※閲覧に1週間の有効期限があります。

※送ったデータは、通常のトークの編集と同じく、【削除】することも可能です!





データを保管・転送する

受け取ったデータは右上の共有データボタンから、メール添付やさらにLINEを使って転送したり、グーグルドライブに保存ができます。

※出来る操作はスマホの環境により異なります。





データの種類はいろいろ

なかなか賢くて、ワードやエクセル等、いろいろ送れます。

ただ、スマホの画面サイズによって、文字が詰まったり、重なったり、エクセルはシートの操作がしにくい場合があるので、PDFに変換して送るのがおススメです。





PC・タブレット版をインストールする

LINEにはPC版があり、公式ホームページからダウンロードすることができます。

※画像はお借りしました。



パソコンにインストールしたら、トークの相手を開いてデータをドラッグするだけです。操作も非常に簡単です☆






パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000