Facebookの投稿時に「見出し」の設定ができるようになりました

丁寧な記事はSEO対策の基本(これはH1)

Facebookでも見出しなどの設定ができるようになりました。

※現時点では、グループ内での投稿のみ、設定が可能のようです。


機能を使って文章を整理することで、その記事は読まれやすくなります。

丁寧に書かれた、読みやすい記事は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの反応が変わり、検索されやすくなります。

SEO対策の基本です。


設定できる部分では、意識して設定しましょう。


Facebookでの設定方法(これはH2)

目印は入力時に左側に表示される、変なマーク。

クリックすると設定したい機能が選べます。



▼Facebookグループ内の設定ボタン


機能の種類(これはH3)


  • 左から
  • 見出し1
  • 見出し2
  • 箇条書き
  • 段落番号
  • 引用

※(↑)この「・」は箇条書き機能



▼Facebookのグループ投稿画面(箇条書き)

H1→見出し1

見出し1は「大見出し」で、文章中に1つが好ましい。


H2→小見出し

文章が長くなる場合は、小さなタイトルで区切りを作りましょう。



検索されやすくなる(H2)

箇条書きも機能(ボタン)で入力すると、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの反応が変わり、検索されやすくなります。

設定できる部分では、意識して設定しましょう。

見出しや箇条書きを使うことで、文章全体も整理されて、読みやすくなります。


Amebaオウンドでもできる(H2)

Amebaオウンドでも、同じく設定がきますので、使ってくださいね~。



▼Amebaオウンドの設定ボタン



Amebaオウンドでは、入力した文字を範囲選択すると、ボタンが表示されます。

Amebaオウンドは見出し4まで設定できるので、長くなる文章もしっかり構成できます。



長くなる記事は、記事を分ける

長すぎる記事は、離脱率(途中で読まなくなる確率)が上がります。

飽きてしまって、途中で読むのをやめてしまうのです。

1つの記事につき、テーマは1つ。

  • 開催レポ
  • お客様の声
  • 次回の予告

など、

たくさん詰め込み過ぎず、長くなる時は記事を分けてリンクを貼りましょう。



SNSは流れていってしまい、振り返りが難しいツールですが、HPやブログはSNSと違い、しっかりと残り、蓄積できるツールです。SNSよりも、丁寧に記事を書くことを心がけると、長く読まれるブログに育ちます。


HPで書いた記事を、SNSでシェアして、読まれるように、広げていきましょう☆



▼Amebaオウンド開設のオンラインセミナーを開催します。

ぜひチェックしてください。


楽に・楽しくを提供するパソコン教室_ToLike

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000