HTML|HPはもはや事務担当。HTML初心者、入門におススメの本

今ではブログや、ホームページ作成を簡単にサポートしてくれるサービスがあり、その道のプロになりない方でなければ、HTMLやCSSをしっかり学ぶ必要がなくなってきましたね。


HTML、CSSって何?

HTML(エイチティーエムエル、HyperText Markup Language)は、ウェブページを作成するために開発された言語です。 現在、インターネット上で公開されてるウェブページのほとんどは、HTMLで作成されています。
HyperText Markup Languageを日本語で表すなら、「ハイパーテキストに目印をつける言語」くらいの意味になります。 ハイパーテキスト(HyperText)とは、ハイパーリンクを埋め込むことができる高機能なテキストです。 ハイパーリンクというのは、ウェブページで下線の付いたテキストなどをクリックすると別ページへ移動する、あのリンクのことです。
ハイパーテキストでは、ウェブページから別のウェブページにリンクをはったり、 ウェブページ内に画像・動画・音声などのデータファイルをリンクで埋め込むことができます。 HTMLには、このハイパーリンク機能で関連する情報同士を結びつけて、情報を整理するという特徴があります。



CSS(Cascading Style Sheets、カスケーディング・スタイル・シート)とは、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。 ワープロソフトなどで作成される文書も含めて、文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいます。HTMLやXHTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合には、スタイルシート言語の1つであるCSSが一般的に利用されています。



そのサービスが画期的に進化し続けているおかげで、さわり。だけでも知っておくと、ブログのカスタマイズができたり、表示が崩れるなど、困ったときの応急処置ができたりと、言語に触れるのもとっても身近になりました。





ホームページはもはや事務担当

ホームページの土台はプロに外注するけど、日々の更新や簡単なメンテナンスは社内で行う企業も増えてきました。

システム担当など詳しい方がいる企業もありますが、今ではホームページは広報のひとつ。という認識も強くなってきて、庶務係りなど事務と兼任でその管理やリニューアルに携わることも増えてきています。





はじめてHTMLを学ぶ本

私がHTMLの勉強におススメする本はコチラ(↓)

ゼロからわかる HTML&CSS超入門

本書ではホームページを作ってみたいが何から始めたらよいか分からない、といった初心者を対象にホームページ制作の流れや制作に必要なものといった基礎知識や専門用語を分かりやすい言葉で解説しています。さらに本書に掲載しているサンプルを手順にのっとりながら作成することで、HTMLやXHTMLの記述方法、CSSを使ったスタイルの定義など、制作に必要な基本操作が体験しながら学べるように構成しています。


初級コースのテキストとしても採用していて、最低限のことが簡潔に書かれていて、おススメの本です。

が、改めてレビューを見てみると一人勉強では苦戦した意見もありますね。



HTMLなど常に進化している言語などの分野は、どの時点で学び始めるか、とても迷いますが、とにかくスタートを切り、全体を把握することが大切だと思います。内容が薄くても最後まで読みきれる本をおススメします。




古書を買うときの注意

今回買い換えたこの本、Amazon古書で【本体価格78円+送料257円/合計335円】の破格値でGETしました。

私が古書を買うときの条件は状態が「非常に良い」で、価格は2/3以下のものです。

CDなどの付属品がついているものは、少しドキドキしますが、今回も本当に非常に良い物が届き、大満足です!

状態と併せてチェックしたいのが、改定、発行日。せっかく安くキレイな本を買っても、改定前で使い物にならなくては、とても残念です。


古書を買うときは改訂版など、発行日に注意してくださいね。




お気に入りの1冊をベースにレッスンを行います。

ぜひ眠っている本でレッスンのご相談ください★

パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000