Excel|シート名を自動でセルに表示する方法

Excel(エクセル)のシート名を自動でセル(表の中など)に表示させる方法です。

繰り返し行う操作や、頻度の高い操作は自動化しておくとミス防止になります。

エクセルが苦手なのに、高度な自動化はおススメしませんが、出来る範囲の工夫であれば、時間短縮にもなるので、挑戦してみてもよいと思います★


エクセルのシート名をセルに表示する方法

▼操作方法

表示したいセルに下記の数式を入力する

=RIGHT(CELL("filename",E2),LEN(CELL("filename",E2))-FIND("]",CELL("filename",E2)))


※コピペでOKです。

下記の「セルを指定する」を参考に、「E2」のセル番地を変更してください。

※改行はNG。

ご覧になっている画面サイズにより、改行されて見えているかもしれませんが、改行せずにそのままコピペしてください。


▲注意▲必ずbookを保存してから、操作をしてください。

→理由が気になる方は下記の「パスって何?」をご覧ください。




セルを指定する

表示するセルを指定する

→「E2」は表示したいセルの場所(セル番地)になります。表示したい場所に合わせて変更してください。

※シート名を表示したいセル=数式を入力しているセルです。


パスからシート名だけを抜き出す

→「 ] 」は「パスからシート名だけを表示」してください。と言う記号です。難しいことは、どうでもいいわ。と言う方は、とにかくコピペでよいです。


これで、シート名が指定したセルに表示されます。

※シート名を変更すると、自動で表示も変更されます。



パスって何?

難しいことはどうでも良い方は無視してもいい「パス」についてです。


「パス」はデータが保存されている場所の住所です。

フォルダ名の順にパス名が決まります。


例えば、(※Cドライブなどは省略しています。)

パソコンの中の、

 ドキュメントフォルダの中の、

  2016年度フォルダの中の、

   帳簿フォルダの中の

    現金出納帳と名前を付けたExcelファイルの

     シート名「2月」のシートの

      セル番地「E2」


がセルまでのパス。フルパスです。

コンピューター上では「フォルダの中」は「¥」マークで表記されますので、パソコン表記にすると、


パソコン¥ドキュメント¥2016年度¥帳簿¥[現金出納帳.xlsx]2月!


がこのファイルのパスになります。

※ファイル名は[]でくくられ、シート名には「!」が付きます。




数式を分解してみます

=RIGHT(CELL("filename",E2),LEN(CELL("filename",E2))-FIND("]",CELL("filename",E2)))


セル、E2のこのパス全体の内(LEN関数でパス文字数を数えています。)、 

シート名の終わりを探して(FIND関数でシート名の終わりの記号「]」を探します)、

その右側だけを表示してね(RIGHTで「右側」を指定しています)。


という式になり、答えは「2月」と表示されます。


※「!」マークはあくまでもパソコン内の記号なので表示されません。

と、慣れない方にはややこしい内容なので、無理に理解する必要はありません。

他に応用したいな。と思った時にもう一度振り返ってみてください。


と言うことで、保存をしないと、パスが決まらないので、必ず保存してから、数式を入力するか、エラーになったら、保存されているかを確認して下さい。



パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000