(済)Word|メモをワードに起こす(表機能)

パソコンサークルのお題です。

パンのレシピを元に、ノートに書かれた情報をWordに起こしてみましょう。


2018年9月21日(金)に解説しました。


表機能

表機能を使って材料の部分を入力します。

間の列の線を消すことで、表が2つ並んでいるように見せることができます。



※ポイント※

表の幅を調整したり、大きい表に列を追加すると、表サイズが画面からはみ出てしまい、幅の調整がしにくくなることがあります。

表がはみ出てしまった場合は、メモリ(ルーラー)にある“つぶつぶ”の位置を確認して、画面の方にドラッグして動かしましょう。




テキストボックス

表の外にある「常温」の文字は「テキストボックス」を利用しました。


<手順>

  1. [挿入]タブ→[図形]→使用する図形をクリック
  2. マウスが黒の十字なるので、任意の場所でクリック
    →クリックした場所に図形が挿入されます。
  3. 白のハンドルでサイズ調整


図形の色を変更する場合は、図形をクリックして

  1. 図形の塗りつぶし→テキストボックスの背景の色
  2. 図形の枠線→テキストボックスの枠線


※ポイント※

図形を移動する場合は、図形をクリックして、マウスを枠線上に重ねて“黒の十字の矢印”なったらドラッグして移動します



▼少しステップアップした機能“タブとリーダー”を使うとこのようになります。

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000