(済)8/18_子どもプログラミング|背景の変更やキャラクターの移動

もいわ地区センターでのパソコンサークル「子どもプログラミングを学ぶkidsクラス」のレッスン内容です。

簡単にまとめていますので、お子さまとの話題のキッカケや振り返りにご活用ください。


今日の内容

  • 背景の変更
  • スプライト(キャラクター)の追加と削除
  • スプライトの移動
  • ゲームの保存・開く

などを行いました。


背景画像は宇宙をイメージしたかっこいいもの、ラブリーな印象のものなど、様々なテーマがScratchソフトに組み込まれていて、盛り上がりました★

私は宇宙を選択。

子どもたちは、背景にサッカー場や幾何学模様、キャラクターにペンギンや不思議な形の宇宙人などを選んでいました。

私は、風船とスプライトキャットを動かして、キャットが青い風船に当たった時だけ、跳ね返るプログラムを作りました。

その他、子どもたちの発想で、テニスボールがキャラクターに当たった時に「ポン」を音が鳴る。など、自由にプログラムを作って、思い通りに動く感覚を楽しみました。

プログラムのブロックを見ただけで、思いつくところが、子どもならでは!と感心しました。



消えるほど早く動かす

キャラクターを早く動かすと、残像のように見えたり、画面から迷子になったりするハプニングを発見。無茶なことを思いつくのも子どもらしい一面ですね。

  • 迷子になった時に座標を「0,0」に戻す方法
  • 角度がついてしまってずっと斜めに動くときに「90度」に戻す方法

も行いました。

こう言う、意図しない動きからの修正方法も大切です。テキスト通りに当たり前にやっていると、なかなか気が付かないバグですね。

自由に操作して学ぶメリットが早くも発揮されました★




次回の予定

ーーーーーーーーーー

▶9月1日(土)13時~/もいわ地区センター:集会室B(2階)

ーーーーーーーーーー

  • アルファベットの練習
  • 簡単なゲーム制作開始(2~3回のレッスンで完成させます)


サークルはいつからでも、入会可能です。

お気軽にお問い合わせください。

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000