SNS|インスタグラムのビジネスツールを使うと閲覧数がわかります

Instagramをビジネスツール仕様にすると「連絡する」が気軽にできるようになります。


Instagramは、8月15日(米国時間)に店舗や会社の連絡先などを掲載できる「ビジネスプロフィール」、投稿の閲覧数などをチェックできる「Instagramインサイト」、広告配信を行える「投稿の宣伝」の3つのビジネスユーザー向け機能の提供を開始しました。



ビジネスツールの特徴

  1. ビジネスプロフィールの設定ができる
  2. 閲覧数のチェックができる
  3. 非公開アカウントにはできない



ビジネスプロフィールの設定ができる

ビジネスタイプが設定できたり、「連絡する」ボタンが表示され、手軽にメールが送れるようになります。※モバイルのみ表示される




閲覧数のチェックができる

右上のアンテナボタンから「インサイト」が確認でき、閲覧数やフォロワーの閲覧時間などをチェックすることができます。

▼閲覧数の人気順

フィルタ機能で期間やインサイトの種類を絞り込める

写真の内容だけでなく、ハッシュタグの付け方による閲覧数の違いも感じ取ることができます。

Instagramインサイトではフォロワーの数に関係なく、クリック数やインプレッション数といった投稿に関するデータを確認することができます。
ただし、Instagramのビジネスプロフィールで年齢や性別など利用者層の指標を確認するには、100人以上のフォロワーが必要です!!




非公開アカウントにはできない

通常の状態を「個人アカウント」と呼びます。

個人アカウントでは非公開アカウントの設定ができ、フォロワーを承認制にすることができますが、ビジネスアカウントでは出来ないようです。






ビジネスツールへの変更方法

ビジネスツールを使うには「ビジネスプロフィール」に切り替える必要があります。

  1. 右上の歯車のボタンから〔ビジネスプロフィールに切り替える〕をタップ
  2. Facebookページを関連付ける

※Facebookページとは個人名で登録するページではなく、サービス名などで登録ができるページのことで、個人ページとは出来ることが異なります。


※個人用とビジネス用はいつでも簡単に切り替えることができます。

Facebookページとは

Facebookページとは個人名で登録するページではなく、サービス名などで登録ができるページのことで、Facebookページ名を使ってのコメントができなかったりと個人ページとは出来ることが異なります。


個人での活動を広めるにはFacebookページよりも個人ページの方が柔軟に操作できる印象があり、私は必要ないと思っていましたが、せっかくなのでこの操作を進めてFacebookページを作成しました。






Instagramで複数のアカウントを使用する

Instagramは複数のアカウントの切替時に、ログインとログアウトを繰り返さずに切り替えが可能なマルチアカウントがサポートされています。


複数のアカウントを持っている場合は、画面上のユーザーネームをタップするとアカウントを選択でき、切り替えることができます。


画面右下には現在のアカウントのアイコンが表示されます。


Instagramは見て楽しむSNSです。

ビジネス用に限らず、投稿のジャンルによってアカウントの切替るものおススメです。

  • プライベートな記録+一眼レフなどのカメラ日記
  • パン屋さん巡り+ハンドメイド作品集


私は「読書記録」と「思いつき投稿」を分け、比較的いろいろな投稿をする「思いつき投稿アカウント」にビジネスツールを設定しました。



人気投稿がひと目でわかるなど、商品を売るサービスにはユーザーの傾向を知る、よいツールではないでしょうか★



▼参考サイト

パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000