Excel|IF関数の論理式は主語を明確にして整理する

Excelの関数を自在に扱う上では「絶対参照」と「IF関数」はの理解が不可欠ではないかと思います。


使い方次第では、この2つに触れずにExcelを活用することは十分に可能ですが、エラーや「0」を表示させないための「空白処理」もIF関数の代表的な使い方です。


IF関数は難しい関数ではありませんが、苦手な方は「論理式」の組み立てに戸惑ってしまう傾向があります。




IF関数とは

条件(論理式)を満たす場合はA(真)と満たさない場合はB(偽)の結果を返す関数


IF関数の書式

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)


IF関数のしくみ

  • 論理式:条件を作成する=【もし~だったら=仮説をつくる】
  • 真の場合:条件を満たした場合の結果(A)
  • 偽の場合:条件を満たさなかった場合の結果(B)


論理式(条件)→(YES:はい)真の場合

└→(NO:いいえ)偽の場合




論理式を考えるときのコツ

迷ってしまうのが「論理式」の作り方ですね。


主語と、第一の結果を明確にし、短い文章にしてみます。

そして、その主語と条件を結ぶ比較演算子を正確に選択します。


(もし)体重が50キロ以下(だったら)、「〇」。

主語→体重、第一の結果→〇、比較演算子→以下(<=)、当てはまらないもの(第二の結果)→×


論理式:A1<=50

真:〇

偽:×



答えを聞いてしまえば、なるほどなっとくの式でも、ゼロから考えると糸口が見つからず、考え込んでしまうケースが多いように思います。


まずは、主語(となるセル)を明確にし、書き出してみてください。





IF関数の楽しみ方

IF関数は値を入力すると「自動で」結果が変わる、表示される関数ですが、その関数を自分で仕上げると、自分の「手動で」、結果が「自動で」変わることが楽しくなるんです。


数値を変更すると…〇と×が自在に変わるんです。面白いですよね☆



▼右の表が、予算に対しての「〇」or「×」

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000