Excel|BMI指数を計算しよう

今回のエクセル入門講座の計算式の例題でBMIの計算をしてみようと思います。


※数値は遠からずもダミーです。





BMIとは

BMIとはBody Mass Index(ボティマス(脂肪)指数)という肥満度をあらわす国際的な指標です。


※ウィキペディアより





BMI指数の計算方法

BMI指数=体重(kg)÷(身長(m)× 身長(m))


(身長(m)× 身長(m))の部分は2乗の計算(^:べき乗演算子)と使うと下記のようになります。


BMI指数=体重(kg)/身長(m)^2






計算式はシンプルな方がよい

計算式や関数は作り込めば、複雑な計算も1回の数式で結果を導き出すことができます。

しかし、作り込めば作り込むほど、数式は長くなり、複雑になります。数式を見て、計算の全体が把握できないので、計算に必要なセルがわからず、修正が難しくなります。


一番ネックなのは、他人が見てわからない。と言うことです。


数式はシートをコピーしたり、翌月分のシートを作成したりするときに、よく壊れます。自分だけがわかる式では不親切ということです。



上の例にあげた2つの式ですが、2乗する方がm純粋に式が短くなります。(サンプルがどちらも極端に短すぎますが)全体が把握し易いシンプルな状態です。


^:べき乗演算子は、一般的にはあまり使う機会が少ないですが、この程度なら使った方が分り易いとも考えられますね。


あまり複雑な式になる時は2段階くらいに結果を分けて表示すると親切です★

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000