ブログ|件名や見出しは明確に

ブログのタイトルって書き方いろいろですよね。

まず、アメブロの場合、いかに最新記事一覧に魅力的にうつるか、考えますよね。考えてますか?SEOでも言われることですが、文字は左から重要な言葉を並べます。(要は自然に大切なことを書くということです。)






秘策は○○だった!

私は、このように「○○」と件名を濁すのは苦手です。

確かに、関心をひきますが、そこにかかる読者の期待度と言ったら…かなりワクワクしてクリックしますよね?!

その期待に応えなくてはいけない、それどころか、その期待以上のものを提供しないといけないと思うと、プレッシャーに私が潰され自爆します。。


  • 3日で5kg痩せたその方法、こんなに簡単な○○だった!
  • 酵素ドリンクをたった3日で5kgも痩せた!その経緯★


どちらも同じことを言っているのですが、別に後者のようにタイトルで結果を伝えても、良いように見えませんか?こうするだけで、クリックしてくれた読者の期待感も裏切ることなく、SEO的にもキーワードとなる文言を盛り込めていますよね。






見出しは最後、件名は最初

レジュメやブログのタイトル、見出しは最後

先日の記事にUPした、エクセルテキストの見出しは完成の前日に出来上がりました。

最初にタイトルや見出しを設定すると、「これについて書かないと」と頭が固まってしまって自由が利かなくなってしまうので、レジュメやブログのタイトル、記事内の見出しは終盤に決めると良いですね。

自分の中のイメージに流れて書いていき、最後に見出しを設定すると順序の矛盾や余分な文章が浮き彫りになりやすいと思います。



メールの件名は最初

それに対して、ビジネスメールの件名は最初に決めた方がよいでしょう。

ビジネスメールは1つのメールに対して、用件は1つ。がベストです。多くても「別件」について、すでに連絡してあることに対して軽く触れる程度の2つが限界かなと思います。

相手が同じでも用件が異なる場合は、2回に分け、件名は内容を簡潔に明確に書いて送りましょう。


相手も自分もそのメールを「未読・既読」、「フラグ・ウォッチ」などの機能を使い分け、対応管理をすることができます。

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000