Word|印刷をした時にキレイでお勧めな書体

今、なかなかボリュームのある作業マニュアルを作成しています。印刷を前提に作っているので、書体に気を使います。画面で見るのと、印刷するのとでは、見易さに違いがあるからです。


印刷するときにキレイでお勧めの書体がHG系のフォントです。

輪郭がきれいに出る気がしています。






MSとHGの違い

HGの書体はリコーが開発して、office用にパソコンにインストールされている書体です。(High Gradeの略)

MSはMicrosoftの略ですね。

HGは10pt前後の小さいフォントサイズでもとてもきれいに見えます。

「P」の意味

P:プロポーショナルフォント

なし:等幅


MSやHGの後ろの「P」はプロポーショナルフォントといい、その文字に必要な分だけの横幅になります。


Win


と書いたときに、「W」の幅は広く「i」の幅が狭いのが『その文字に必要な分だけの横幅』と言う意味。全て同じ幅で書かれるのが等幅です。


どちらを選ぶかは好みですが、プロポーショナルフォントの方が自然な文字幅を取っているので、目に優しいと言う説を聞いたことがあります。



テキスト出てくるはじめての書体がMSが多いので、MS書体に偏りがちですが、サイズや印刷物により、印象が変わりますので、いろいろ試してみてください★

パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000