Excel|「@」アットマークが入力できない

メールアドレスに含まれている「@」(アットマーク)ですが、日本では「単価記号」、「単価マーク」としても使われていますね。


『@120円』と表記し、単位あたり(1個あたり)という意味で使われます。


これをこのままExcelに入力しようとすると、数式ではないのに、「この数式に問題が見つかりました。修正する場合は…」というエラーメッセージが出てしまいます。

※画像の「@」の説明が間違っていますね。「始まる」ではなく、「含まれる」ですね。


これはセルの先頭に「@」を入力すると、後に関数がつづくものとしてExcelが認識してしまうからです。




エラーを回避する方法

▼操作方法

[セルの書式設定]ダイアログで文字列を指定する

 または

「@」の前に「'」(シングルクォーテーション)を入力する



この操作方法は

  • 「0」から入力したい
  • 数式をそのまま表示したい

ときにも役立ちます。

※画像の電話番号のサンプルですが、本日より受付が開始されました、「生活に役立つエクセル入門講座」の受付窓口「すみかわ地区センター」の番号です。お近くにエクセルはじめたいけどな…と迷っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ竹村がやっているとお伝えください★




「@」を先頭に入力すると関数が続くと判断してしまう理由

表計算ソフトといえば、今はExcelですが以前はLotus 1-2-3でした。
Excelで関数を入力するときにはまず「=」を入力するように、Lotus 1-2-3では関数を入力するときにはまず「@」を入力するようになっていました。そのLotus 1-2-3ユーザーを取り込むために、Lotusユーザーの慣れている「@」を入力して関数を入力できるようにExcelは作られているのです。

※インストラクターのネタ帳より引用させていただきました。

おうちサイズのパソコン教室_takemu

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000