Word|意外と知らない「表」の消し方

※2016年8月に書いた記事をリライトしました。


Word(ワード)は、あらかじめ、用紙サイズに画面を合わせて、完成をイメージしながら作成することができるため、印刷物はワードでつくるのがおススメ。


  • チラシ
  • はがき
  • 申込用紙
  • アンケート

…など、




HPやブログもそうですが、料金など「表」を活用すると、とても見やすくなりますね。文字の量が多くて1ページに収まりにくいときもおススメです。

ワードも表の作成方法は参考書で簡単に調べることができますが、作ることで達成感が頂点に達して、読み飛ばしてしまいがちなのが削除の方法。

意外と表全体を一気に消す方法って迷ってしまうんですよね。





Word(ワード)の表の消し方

▼操作方法

 表全体を選択

   -〔BackSpace〕キー(バックスペースキー)を押す。


本文にカーソルだけ残り、表は全部消えます


よく、「消えないんです。」とご質問いただく時は、たいてい〔Delete〕キー(デリートキー)を押してしまっています


〔Delete〕キーは表の中の文字をすべて消してくれます。こちらは表の中にカーソルだけ残ります。





表全体の選択方法

▼操作方法

 表の中をクリック

  -〔表全体の選択ボタン〕クリック


表の左上に表示される〔十字の矢印マーク〕が〔表全体の選択ボタン〕です。

クリックすると下の画像のように全体が青く範囲選択されます。


※マウスポインタを重ねて、マウスポインタの形も、白矢印+十字の矢印になったらクリックします。


どんな操作でも作り方を学んだら、訂正方法や削除方法、元に戻す方法まで確認しておきましょうね☆

パソコンインストラクター竹村真奈美のHP

札幌市南区・パソコンインストラクター 竹村真奈美のHP パソコンって苦手。をパソコンってスゲー!に変えちゃいます★

0コメント

  • 1000 / 1000